Life at Edelman Japan

エデルマン・ジャパンでは、1日として同じことの繰り返しになるような日はありません。クライアントが目指すコミュニケーションの目的を達成するために、様々なアイデアや方法を考えたり、海外のチームとメールや電話などで連絡を取り合ったり、クライアントとのミーティングに出かけたり、クライアントに提出する提案書を作成したりするなど、日々変化する様々な業務をこなしながら一日を過ごしています。私たち一人一人に求められているのは現状維持でなく、時代の変化を見据えながら自らも変化していく、起業家精神にあふれた人材となることです。

 

豊富な研修制度

エデルマンには社員一人一人の成長を後押しし、キャリアアップを支援するための様々な研修制度があります。

  • Edelman Learning Institute (ELI): コミュニケーションに関する基本的なスキルから、最新のPR手法までを学べるオンライン・トレーニング
  • グローバル・フェロー・プログラム: エデルマンの海外オフィスに1年から1年半滞在し、実際に現地で働くことで、最新のPR手法を学び、文化を超えたコミュニケーションスキルを身につけるためのエデルマン・グローバルのプログラム
  • ノースアジア・エクスプローラー・プログラム: エデルマンの北アジアに位置する他のオフィスに1カ月間滞在し、現地のPR手法を学ぶエデルマン・ノースアジアのプログラム
  • サマー・ビジット・プログラム: 夏季に3カ月間エデルマンの海外オフィスに滞在し、現地のコミュニケーション手法を学ぶためのエデルマン・ジャパン独自のプログラム。受け入れ先は毎年異なる。

 

福利厚生

  • 業時間:9時30分から18時30分(うち1時間が休憩)
  • 休日:完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇、慶弔休暇
  • 有給休暇:初年度に12日与えられます。その後、年次が増えるのに伴い、取得可能日数が増えます。
  • 特別休暇:エデルマンでは全社員のワークライフバランスを考慮し、様々な特別休暇を取り揃えています。(入社した月に毎年取得できる入社記念日休暇、社員が個人的にボランティア活動をするためのボランティア休暇、結婚時の特別休暇、勤務年数が10年に達した社員が取得できる1カ月間の休暇など)
  • Flex Date:毎月一回、2時間遅い出社、または2時間早い退社を認めるFlex Dateの制度があります。社員は、このFlex Dateを利用して、社外の人との交流を深めたり、私生活の充実を図ることができます。
  • DJE Night:毎月一回、金曜日の終業後に社内のオープンスペースで、気軽に社員同士が交流する時間です。ドリンクやフードを楽しみながら、リラックスした雰囲気で、普段一緒に働くことの少ない社員ともコミュニケーションをとることができます。
  • その他:フィットネスクラブなど、会社の契約する福利厚生サービスを利用できます。

Join our Team

アカウント・スーパーバイザー/シニア・アカウント・スーパーバイザー

シニアコンサルタントとして、クライアント企業様のエグゼクティブ・レベルや広報担当の方々に対して、コーポレート・コミュニケーションのプロジェクトを戦略的なレベルでご提案し実施する仕事です。

応募する
アカウント・エグゼクティブ

クライアント企業様の情報発信が社会と良好な関係を築くための活動を担当する仕事です。調査ならびに企画、コンサルティングを行い、広報活動を実施します。当初はヘルスケアのお客様を担当するチームへの配属となるポジションです。

応募する
シニア・アカウント・スーパーザイザー

シニアコンサルタントとして、テクノロジー、ソーシャル、デジタルの経験を活かし、B2B/B2Cテクノロジー分野のクライアント企業様のエグゼクティブ・レベルや広報担当の方々に対して、コーポレート・コミュニケーションのプロジェクトを戦略的なレベルでご提案し実施する仕事です。3人以上のチームのマネジメントを実施します。

応募する
デジタル広報スペシャリスト(アカウント・スーパーバイザー・レベル)

広報とデジタルの経験をもとに、革新的なデジタル広報を新たに作っていく仕事です。

応募する
アカウント・エグゼクティブ

クライアント企業様の情報発信が社会と良好な関係を築くため、特にデジタルを使って革新的で現状打破にチャレンジするコミュニケーションを実施していく仕事です。

応募する
シニア・リサーチ・スペシャリスト

調査専任の担当者として、各種調査、メディア分析、ソーシャル・メディア分析を実施します。Factiva、 Google Tends、その他各種調査の専門家として、社外の適切な調査会社を選択し業務を進めます。クライアント企業様に効果的なご支援を実施していくため、消費者・顧客・メディアに対してアクションにつながる調査を実施します。

応募する