コネクテッドな世界における危機管理

従来の危機管理のやり方は時代遅れになりつつあります。なぜなら、企業は文化やテクノロジーの変化に伴い新たな危機に直面する可能性があるからです。そのため、危機管理広報にはこれまでになく複雑な対応が求められています。

突発的で予測不可能な危機は、深刻で全体に影響を与える可能性があり、ビジネス慣習、消費者による評価、そして私たちの行動などに根本的かつ恒久的に変化をもたらします。そして、企業、ブランド、消費者にとって、新たな現実やパラダイム、環境が生まれることになります。

新たな考え方が必要です。信頼できるデータに基づき、文化的背景も理解した上で、あらゆるビジネス機能を統合する必要があります。 私たちの危機管理へのコネクテッドアプローチはデジタルを基本としており、今日のデジタル上でまず起こり得る危機の回避、準備、対応、そしてリカバリーを統合したものです。